不動産登記の代行は司法書士にお願いしよう

不動産は動産と違って高額になりがちで、その権利がどこにあるのかをはっきりとさせておかないと、社会に混乱をきたしてしまいます。
したがって、不動産は適正に登記をしておかないと、善意の第三者には対抗することができません。

登記をするに当たっては、専門的な知識がどうしても必要になるので、司法書士に代行してもらうのが一般的です。

登記をする際には、高額な収入印紙を貼り付けなければいけません。



不動産の価格に比例して印紙代も高くなりますが、登記が済まないと完全な所有者とは言えないので気をつけましょう。
司法書士への報酬と合わせて数十万円取られることもありますが、ケチらずにしっかりと登記を済ませておくのがベストです。

そうしなければ、後々困ったことになりかねません。

最悪の場合には、登記をしていなかったことによって、当該不動産の権利を失ってしまうことも考えられます。

登記簿は一般に公開されて、基本的には誰でも見ることができるようになります。

不動産に関する法律を運用するに当たっては、登記簿が最も重要なものになります。

住宅ローン減税の適用を受けるとき、相続で物件を譲り渡すとき、いろいろなシーンで登記簿を利用することになります。

府中の不動産情報の差に驚きました。

登記簿を見ればすべての権利関係がひと目で把握できるようになっています。

根抵当権や借地権などの権利もここに記載されることとなります。
非常に重要なものなので、読み方ぐらいは勉強をしておいてもいいかもしれません。

NAVERまとめの補足説明を致します。